忍者ブログ
山梨県身延町より、中野屋からあなたへ手作り品やライフワークの紹介です☆
   最新コメント
[07/26 店員1♂]
[07/24 中野屋]
[07/22 中野屋]
[07/22 中野屋]
[07/22 NONAME]
[07/21 北岳のACJ]
[07/21 北岳のACJ]
[07/19 中野屋]
[07/19 中野屋]
[07/19 北岳のACJ]
[07/19 北岳のACJ]
[07/17 中野屋]
[07/17 中野屋]
[07/17 中野屋]
[07/17 北岳のACJ]
[07/17 北岳のACJ]
[07/14 中野屋]
[07/14 中野屋]
[07/13 北岳のACJ]
[07/13 北岳のACJ]
   プロフィール
HN:
中野屋さん
HP:
性別:
非公開
職業:
社長修行中
趣味:
油彩
   携帯へ登録!
   ブログ内検索
アクセスありがとうございます。

おかげさまで1000アクセス突破!(2009/04/30)
おかげさまで2500アクセス突破!(2009/06/30)
おかげさまで5000アクセス突破!(2009/10/04)
おかげさまで10000アクセス突破!(2010/02/14)
おかげさまで50000アクセス突破!(2012/10/1)
人目

   管理用リンク
[2310] [2309] [2308] [2307] [2306] [2305] [2304] [2303] [2302] [2301] [2300]

 2020/07/11 (Sat)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


 2016/07/02 (Sat)



山梨県立美術館・裏口

第79回 山梨美術協会展

会場  山梨県立美術館 県民ギャラリーA・B・C

会期  平成28年7月5日(火)~7月13日(水)
    (但し7月11日(月)休館日)

私もF-100号の油彩画の作品を搬入してまいりました。
PR
この記事にコメントする
name:
title:
color:
mail:
URL:
comment:
password: Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
 良い出来に仕上がりましたか
13日に鑑賞しに行けるかも知れませんぜ。
どんな作品か楽しみです。
水彩画のお友達も出すと思います。
中野屋さんも観ておくんなせい。
北岳のACJ 2016/07/04(Mon)10:06:35 :編集
 最終日です
7月13日は最終日ですので、4時ごろには片付けが始まりますので落ち着きません、ぜひその前にゆっくり眺めてくださいね!
水彩画の方の名前も教えていただけると嬉しいです。
中野屋 2016/07/04(Mon)12:47:20 :編集
 無題
今年の絵はどんなでしょうか?
楽しみです。
NONAME 2016/07/05(Tue)22:12:16 :編集
 山梨美術協会展
いつも連絡すると観に行ってくれる友達が、私の絵は名前を確認しなくてもわかるようになった・・・・と。


まず名前を確認しないで全体を見て「これだな!」と思う絵の前で名前を確認すると当たるのだそうです。(笑)

なんだか、いつも前回とは全く違うテーマになってしまい関連性に欠けるのですが、同じような絵を描いているということでしょうか?


いろんな見方がありますね!
自分の知っている方の絵を探す。のも楽しみ。
前回みて「いいな!」と思った方の絵が、今回どんな絵を描くか?
というのもいいし。

全体の中で、どの絵が自分の中で一番良かったか?
でもいいし。

楽しんでくださいね(笑)
中野屋 2016/07/06(Wed)14:42:34 :編集
 13日仕事になっちまった
マッキンリーから無事生還し職場に行くと、13日6人ばか学生がくるだとう。バカたれ 6人ばかくるじゃねえ!!%V:351%#
と云う訳で、11日か12日に鑑賞出来るよう努力したいと思います。
水彩画のお友達は「穂坂祐一」と申されます。妻と云う名の愛情に飢えているわたくしは、山梨に戻るとこの方の家で昼食をごちそうになるのです。ハイ。
北岳のACJ 2016/07/09(Sat)15:16:09 :編集
 山梨美術協会展
12日急ぎ足で芸術鑑賞して参りました。
中野屋画伯の今回の作品は明るい色使いでんなあ。
綺麗だね。
タイトル「移りゆく刻」
良くわからんけど、「迷いみち」みたいな哲学的空間ではないな。
むつ絵先生様の色使い、線の綺麗さは独特だよね。
我が友の水彩画は根気のいる仕事ちゅう感じで、アタイには到底真似ができないナ。
素晴らしい作品ばかりで芸術を満喫致しました。。

北岳のACJ 2016/07/13(Wed)13:20:42 :編集

★ ILLUSTRATION BY nyao
忍者ブログ [PR]